FFv™ 5mm危険場所近接プローブセット

本質安全防爆機器とは、「通常または異常な条件下で、特定の危険な大気混合物を最も発火しやすい濃度で発火させるのに十分な電気エネルギーまたは熱エネルギーを放出できない機器および配線」と定義されます。これは、危険場所の電気機器が利用できる電力量を、ガスに点火するレベルよりも低いレベルに制限することによって実現されます。

火災や爆発を起こすには、燃料、酸素、発火源が存在している必要があります。本質的に安全なシステムは、燃料と酸素が大気中に存在することを前提としていますが、システムは、特定の機器ループの電気エネルギーまたは熱エネルギーが発火を引き起こすほど大きくなることは決してないように設計されています。本質安全防爆(IS)は、危険場所に入る機器の設計へのアプローチです。アイデアは、利用可能なエネルギーを、発火を引き起こすには低すぎるレベルまで減らすことです。つまり、火花を防ぎ、温度を低く保つことを意味します。

標準的なセンサについては、業界をリードする5年間の材料および製造上の保証、すべてのアクセサリ、ケーブル、コネクタ、カスタム製品、およびプライベート・ラベル製品については、3年間の材料および製造上の保証が付いています。

部品

本質安全防爆DP1009

本質安全防爆FFv™近接プローブ、プローブ先端直径5 mm、1/4-28、3/8-24、M8x1、またはM10x1ケーススレッド付き

装甲を備えた本質安全防爆DP1009

装甲本質安全防爆FFv™近接プローブ、プローブ先端直径5 mm、1/4-28、3/8-24、M8x1、またはM10x1ケーススレッド付き

本質安全防爆DD1009

渦電流プローブ用の本質安全防爆FFvPRO近接プローブドライバー

本質安全防爆DC100930

PROFFv™5mmプローブ用の本質安全防爆近接プローブ延長ケーブル、FEPジャケット

 


Translate »