NEWS

最新情報

計測情報メールマガジン 2020/09/14号 超音波の可視化


計測に役立つ情報をお届けするメールマガジン
先週に引き続き、音源可視化についてお送りいたします。

【2020/09/14号:超音波の可視化】

近年、音源可視化機器が身近になってきたことにより、圧縮空気や
高圧ガスの配管や機器からのリークを、超音波可視化機器を用いて
可視化し、リーク箇所を突き止める方法が広まってきています。

超音波とは、ヒトの耳に聴こえる概ね20kHzより高い周波数の
「音」を指します。

弊社で扱っているハンディ音響カメラは可聴域の音源可視化が
メインですが、24kHzまでの音を捉える事ができますので、圧縮空気の
リーク音に含まれる17kHz~23kHzくらいの音を捉える事ができます。

ハンディ音響カメラで、模型の塗装に使う電動エアブラシの圧縮空気
吐出音を測定してみました。

測定動画をYouTubeに上げましたので、ご案内いたします。

・圧縮空気リーク音(超音波可視化)
https://youtu.be/-wbrqRsU2l4

電動エアブラシのポンプは、主に2kHz以下の周波数の音を発生して
いますが、近くにあっても音源表示に影響せずに圧縮空気の吐出音
だけが表示されています。

音源可視化は、可聴音だけでなく超音波も可視化する事ができます。
ペリテックが提供する音源可視化機器、ハンディ音響カメラは、
以下のサイトよりご覧になれます。
https://www.peritec-sales.com/product_category/sound-camera/

今回のメールマガジンはいかがでしたでしょうか。

ご質問や、取り上げて欲しいテーマがございましたら、
メールやお電話でお知らせください。

次回をお楽しみに。

・バックナンバー
https://www.peritec-sales.com/news_category/newsletter/

--------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンがお役に立ちそうだと思う方がお知り合いに
いらっしゃいましたら、以下のリンクをご紹介ください。
https://www.peritec-sales.com/news/mailmagazine/