NEWS

最新情報

計測情報メールマガジン 2020/08/07号


計測に役立つ情報をお届けするメールマガジン、
本日は、計測器の最大入力電流を超える電流を測定する方法について
お送りいたします。

【2020/08/07号:大電流計測】

一例として、PXI-4065、PXIe-4080(デジタルマルチメータモジュール)
で電流測定する場合、最大入力電流は3Aです。

このモジュールで、バッテリーからモータへ供給する数十アンペアの
電源電流を計測したい場合は、どのようにすればよいでしょうか。

このような場合は電流センサを用いて、
小電流もしくは+-10V程度の
電圧に変換して測定します。

電流センサは、大電流が流れる導体を
磁性体のコアにくぐらせる事で
発生する磁束を用いて
間接的に電流を測定する事ができます。

電流センサには、
大電流の検出方式によって
幾つかの種類があります。

一番ポピュラ―なものはCT方式で、
構造が簡単、安価で電源不要ですが
交流のみ測定可能です。

直流が測定可能な電流センサには、
大電流が発生する磁束を検出する
のにホール素子を使用したもの
(オープンループ方式、クローズドループ方式)や、
コイルを用いたもの(フラックスゲート方式)が
あります。

この中で、フラックスゲート方式は、
精度と温度安定性に優れている事から、
弊社で取り扱うVerivolt社の
電流センサ製品(IsoBlock I-FGシリーズ)
にも採用されています。

IsoBlock I-FGシリーズは、
最大50Aの電流の変化を+-10Vや+-5Vに
変換できます。
かつ、最大50kHz、0.2%精度で検出可能です。

取り扱いも容易で、結線はバネ端子台、ネジ端子台で行います。

詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください。
https://www.peritec-sales.com/product_category/verivolt/

今回のメールマガジンはいかがでしたでしょうか。

ご質問や、取り上げて欲しいテーマがございましたら、
メールやお電話でお知らせください。

次回をお楽しみに。

・バックナンバー
https://www.peritec-sales.com/news_category/newsletter/

--------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンがお役に立ちそうだと思う方がお知り合いに
いらっしゃいましたら、以下のリンクをご紹介ください。
https://www.peritec-sales.com/news/mailmagazine/