NEWS

最新情報

計測情報メールマガジン 2020/06/25号


いつもお世話になっております。
(株)ペリテックの廣畑です。

計測に役立つ情報をお届けするメールマガジン
本日は「音」の可視化についてお送りいたします。

始めに、このメールマガジンを始めた理由を書きます。

メールマガジンを発信しようとした理由】

私が担当している音源可視化、電磁波可視化(EMIテスト)の
お客様よりご質問を日々頂戴してきました。

その中には、多くのお客様のお役に立てそうな情報が
あるのに、これまできちんと発信していなかったと
感じるようになりました。

そこで、お客様やパートナーの方々に
計測に役立つ情報を
メールマガジンいう形で
情報発信することにいたしました。

【情報発信ができるテーマ】
私が担当として扱っている製品・サービスについて
情報発信いたします。

主に

・音源可視化

機器や設備のメンテナンス、不具合箇所特定、
騒音低減の問題を抱えているお客様に
役立つ情報

・電磁波可視化(EMIテスト)

電磁ノイズ(EMI、EMC)の問題を抱えている
お客様に役立つ情報

をお届けいたします。

時には、他製品の宣伝や紹介を兼ねて、
その他の情報も発信したいと思います。

それでは今日の本題、音源可視化についてです。

【2020/06/25号:音の数値化】

音を可視化すると言っても、音の何を捉えて
可視化すれば良いのでしょうか。

まず、何かを可視化する為には数値化して
同じ物差しで大小を付ける必要があります。

音が空気の振動(波)であることは
良く知られています。

この振動の大きさ(=波の大きさ、時間を横軸に取った
場合の縦軸)が音の大きさを示し、音圧となります。

音圧は、気圧と同じくパスカル(Pa)で表しますが、
対数表記にして単位はデシベル(dB)で表します。

単に「dB」と記載すると何の数値か分からなくなる
ので、「dB SPL」と表記する場合もあります。

一方、振動の数(=一定時間内の波の数)は、
音の高さ(音程)として数値化できます。

音程は、周波数として単位はHzで表します。

このような、音の音圧と周波数について数値化し
視覚的に表示する事で
音を可視化する事ができます。

参考までに、身近な音の音圧と周波数について
以下に示します。

【音圧】
0dB:人が聞き取れる限界「20マイクロパスカル(20μPa)
↑音圧の基準です。

20dB:木の葉のふれ合う音
30dB:ささやき声
40dB:図書館
50dB:静かな事務所
60dB:普通の会話
70dB:ざわついた事務所
80dB:電車
90dB:騒々しい工場内
100dB:電車の通るガード下、ドリル工事
120dB:飛行機のジェットエンジン

【周波数】
工事現場のドリル音  :130Hz~250Hz
冷蔵庫の背後でする音 :250Hz前後
車のクラクション   :400Hz~800Hz
一般的な人間の会話  :500~1000Hz
ピアノの音      :500~1500Hz
掃除機の音      :2500~4000Hz
蝉、鳥の鳴き声    :4000~8000Hz

ペリテックのハンディ音響カメラは、音圧と周波数、
音源までの距離で絞り込みながら、
リアルタイムで音の発生源を探索するのに適しています。

・ハンディ音響カメラ
https://www.peritec-sales.com/product/acoustic_camera/

今回のメールマガジンはいかがでしたでしょうか。
ご質問や、取り上げて欲しいテーマがございましたら、
メールやお電話でお知らせください。

次回をお楽しみに。

--------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンがお役に立ちそうだと思う方がお知り合いに
いらっしゃいましたら、以下のリンクをご紹介ください。
https://www.peritec-sales.com/news/mailmagazine/